花粉症

スギやヒノキ等の花粉が原因でくしゃみ 鼻水などのアレルギー症状を起こす病気のことを

いいます。季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。

主なアレルゲン

スギ ヒノキ カモガヤ オオアワガエリ ブタクサ等です。

鼻の症状と目・喉・皮膚のかゆみを伴うかたや下痢 微熱症状が出る方もいます。

採血や簡単なアレルギー検査で アレルギーの検査でアレルギーの原因を調べる事ができます。

※ここからは詳しい説明です

吸入性アレルゲンによるⅠ型アレルギー反応が関係し、くしゃみ

水性鼻漏 鼻閉の疾患を 鼻アレルギーあるいはアレルギー性鼻炎と呼んでいます。

症状の好発時期により通年性と季節性に分かれています。

の大部分は花粉が原因であり 花粉症と呼ばれています。

スギ花粉症はいまでこそ認知度がたいあいのですが 昭和30年代終盤に

発見された比較的 新しい疾患です。花粉症は 増え続ける一方です。

通年性のアレルギー性鼻炎の原因としては 室内塵(ハウスダスト)中のダニ

に対するアレルギーが多くなっています。

一方 季節性アレルギー性鼻炎の原因アレルゲンでは スギなどの花粉が圧倒的に

おおいです。時には 真菌の胞子などが関係している場合があります。

花粉が飛散する季節は地方により 多少のずれはあるものの

その種類によってほぼ決まっています。

例えば スギ花粉が 1月から4月 ヒノキ花粉が5月から6月

ブタクサ花粉が8月から9月 ヨモギ花粉が8月から9月などです。

ダニ・アレルギーの多くは10歳以下で発症し 小児アレルギー性鼻炎の

大部分は ダニ・アレルギーであるといわれています。

季節性アレルギー性鼻炎の発症は 20~30歳に多くなっています。

主な症状は くしゃみ・水性鼻漏・鼻閉です。

それ以外にも 咽頭部や目のかゆみや 異物感 涙目 頭痛

皮膚炎のような症状があります。

スギ飛散時期に ぜんそくが悪化する場合もあります。

受診をして相談してください。

抗ヒスタミン薬などの投薬や 点鼻ステロイド療法 アレルゲン免疫療法などが

あります。